1.資金計画

ご購入の際にかかる費用とその諸費用の内訳についてご説明します。

ご購入に必要な資金

ご購入には物件の価格に加え、税金をはじめとした様々な諸費用が必要になります。売買契約から引渡しまでの手続き段階で支払う費用ですので、スムーズに購入をすすめるためにも諸費用分(売買価格の6~8%程度が目安)の資金は資金計画に組み込んでおきましょう。
印紙代 売買契約書やローン契約書に貼付する印紙代です。
ローン諸費用 ローン事務手数料・ローン保証料などの諸費用です。
保険料 火災保険、地震保険料などです
登記費用 登録免許税 登記に伴う税金です。不動産購入時(所有権移転登記)、ローンを組んだ時(抵当権設定登記)にそれぞれ必要となります。
登記手数料 登記手続きの際の司法書士への報酬です。
固定資産税 (日割りで精算) 固定資産税課税標準額の1.4%が1年分となります。
都市計画税 (日割りで精算) 都市計画税課税標準額の0.3%です。
仲介手数料 仲介物件については、成約の際に規定の仲介手数料(消費税および地方消費税含む)を申し受けます。
不動産取得税 住宅の場合、固定資産税評価額の3%です。
その他 引越しや設備修繕費用などです。